伝統

ハートと指輪

一般的に神社で結婚式を行う神社挙式は、神前結婚式や神前式という名で浸透しています。 ただし、神前結婚式という場合は神々の前であれば基本的にどこでもできるので、ホテルや結婚式場に併設された神殿にて挙式することも可能であってこちらを選択する人も多くいます。 神社挙式とした場合は、その名の通り神社で挙げる結婚式です。 神社挙式の良さは何と言っても、神前結婚式ならではの雰囲気を存分に味わえることです。控室から拝殿までを新郎新婦に参列者一同歩いて向かう、結婚行列などは神社でしか経験できない儀式です。最近では国内にとどまらず、日本人と国際結婚した夫婦や日本文化に興味を持った外国人カップルなども神社挙式する例もあります。 実際神社で結婚式をしたい場合に気になるのは費用ですが、披露宴などにかかる費用を除いた神社挙式の挙式費用平均相場は約30万円です。

神前式として一般に知られている神前結婚式は、日本古来からの神々が見守るその前で永遠の愛を誓う結婚式です。ホテルや結婚式でも出来ますが、折角神前結婚式を行うならその雰囲気をもっとも味わえる神社挙式するカップルも多くいます。 こうした神社挙式は伝統的な日本の結婚式として紹介されることも多いですが、今現在一般的に行われている神社挙式の歴史はまだ100年あまりと比較的新しい結婚のスタイルです。 勿論神社は日本に古くから存在しており、個別に神社挙式のようなスタイルを持った挙式を行うこともありました。しかしそれらはあくまで特別な例としてであり、現在のように決まった形での神社挙式は明治33年に行われた嘉仁親王のご婚儀を参考にして新しく作られた神前結婚式にともなって一般化しました。 新しいとは言っても、皇室のご婚儀をもとに古式に則って作られた、由緒正しい日本ならではの結婚式であるといえます。